スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 手紙の書き方 相手に合わせて

手紙の書き方 相手に合わせて

手紙の書き方は相手に合わせて、
バリエーションをもたせる事も大切です。

親しい間柄なら「拝啓、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」などと書くと、
相手は、どこかの文例や例文を使って送ってきたのかな?と思うでしょう。
そう思われては、本当に伝えたいことが伝わりません。
親しい関係なら、時候のあいさつも「寒くなりましたがお元気ですか」とか、
気さくな言い回しが印象もよろしいのではないでしょうか。


それでは、目上の人やあまり面識のない方などへの手紙は、
どう書けばいいのでしょうか?

「時候の挨拶」「主文」「結語」と手紙の基本通りに書く事が大切であります。
つまり、手紙の書き方の「形式」を重んじならが書く事が重要でもあります。

一見、堅苦しい手紙の書き方になりそうですが、
形式を重んじるとは、手紙の書き方に対する
マナーを尊重すると言う事にもなります。

その様な手紙の書き方が出来る方は、
社会的常識やマナーを正している方と見られやすく
相手のあなたに対する見方も好印象になる事でしょう。

手紙の書き方は相手に合わせて書きましょう。

Page Top ▲