スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 手紙の書き方で気持ちを伝える

手紙の書き方で気持ちを伝える

手紙で気持ちを伝えると言う事は難しくもありますが、
手紙であるからこそ今の時代、感動を呼ぶとも考えられます。

手紙を書くと言う事は、何か伝えたいことがあって書くものです。
それが伝わらない文章では、形式や難しい言葉を並べても意味が伝わりません。
ですから、伝えたいことが正確に伝わる手紙の書き方が最も大切な事であります。

お礼の手紙なら、お礼の気持ちが伝わるように、
お祝いの手紙ならば、お祝いの気持ちが伝わるような
手紙の書き方が必要であります。

お礼の手紙を例としてあげるならば、基本の流れとしては、
主文の文頭にお礼の言葉を入れて、
次にそのお礼が、どういった部分から来ているのかを書くことです。
そして、最後に感謝の気持ちや相手を思いやる言葉を入れて結びます。
 

成人式のお祝いに腕時計を頂いたお礼では
「成人式のプレゼントありがとうございます。とても素敵な時計でとても気に入ってます。
毎日愛用させていただいてます。・・・・それでは、寒くなりましたが、
風邪に気をつけてお元気でお過ごしください。」


この様な感じで、とても簡潔な文章でも、
お礼の気持ちが相手に伝われば良いのです。

手紙の書き方は確かに相手に対して、
自分の気持ちを伝える書き方が重要ではありますが、
形式ばかりにとらわれて、不自然な手紙の書き方にならないように
自然体に書く事が手紙らしさが出て喜ばれると思われます。


ですが、手紙を差し出す相手を考えて
新密度や普段のお付き合いなども考えるとより、
手紙の書き方が楽しく、上手になる事と思われます。


手紙の書き方で気持ちを伝えるについてでした。


Page Top ▲