スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 手紙 はがき 封筒 使い方

手紙 はがき 封筒 使い方

手紙とはがきは、書く内容によって、
使い分けが必要であり、マナーにも触れる部分であります。

正式な手紙と一般的には受け取られる事が多い
依頼の手紙や承諾・断りの手紙、子供の学校への手紙、
仕事や人の紹介の手紙、などは
内容から考えても、はがきを使用するよりも、
封書を使用して手紙を書く事が望まれます。

また、同じお祝いの手紙でも目上の人への結婚祝いや長寿祝い、
受賞祝い、栄転祝いなどの手紙も
封書の方がマナーを考えた上でも、良いと思われます。


手紙を書く場合、この様に正式な内容、マナー問われる手紙は、
封筒を用いる事が、相手に対しても失礼がないでしょう。


誕生祝いや友人の新築祝い、
知人の子供の節句のお祝いなどは、
はがきを使用することが多く、構わないです。


はがきの使用する範囲と言うものは、
転居や転勤などのお知らせなど、
簡単な近況報告と新住所を伝えるだけの通知に、
とても適していると思われます。

用件を急いで伝えたい場合の、
受験合格や出産のお知らせなどは、
すぐに書けるはがきがの方が、とっても便利が良いのです。


また、はがきは、複数の人たちに送る案内状や招待状なども
十分にマナーの面でも厳しくなく、よろしいと思われます。
自分で考えた、凝った手紙を作ったり、書いて送るのも
中々、面白いのではないでしょうか?

火事や地震などの災害後にすぐ出す見舞い状は、
はがきを使うのが一般的ではありますが、
その内容は、手短に書く事が大切です。

あまりに長く書きすぎて、
相手の負担になるような、そんな書き方は注意しましょう。

この場合の手紙のマナーとしては、相手への配慮が求められます。


手紙とはがきと封筒の使い方についてでした。


Page Top ▲