スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 手紙 書き方 前文

手紙 書き方 前文

手紙の書き方での前文では

時候の挨拶、相手の近況確認、自分の近況報告などを書き示すのが主です。


ビジネス上の文章では、近況報告はあまりせず、
日頃の感謝の意を表すのが一般的である。

また、頭語に「前略」を用いた場合、
前文を省略、または簡単に済ましても失礼にはならないという
概念や、暗黙の了解があります。


時候の挨拶・・・・・( 季節・気候の挨拶)


初春の候、仲秋の候、厳冬の候 など・・・・・ 候(こう)は時候や季候の意

暑さもようやく峠を越え など ・・・・・ 近々の気候を感じたまま述べる

時下・・・・ 季節を問わず用いる。この頃の意


近況確認・近況報告

ますますご清栄のこととお慶び申し上げます

貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます


感謝の挨拶

平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます


手紙を送る相手の状況や環境などを考慮して
前文を考えてみるのもよいかと思われます。

Page Top ▲