スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 手紙 特徴 特性

手紙 特徴 特性

手紙の書き方についてですが、
いくつかの注意するべき点があげられます。


1..手紙の特徴・特性を引き出して書く
 
現代社会では、パソコン、携帯電話、メールなど伝達手段がたくさんあります。
その中で手紙を使うことの意味や意識を考える必要があるのです。

手紙やはがきは、相手の好きなときに読むことができ、更に、
読み返すこともできるのである。

最近では、携帯電話やメールが一般的な伝達手段となり、
受け手からすると手紙が届くことは新鮮さと驚きを感じるようになっている。

普段は、電話で済ます用件も
手紙だと特別なことのように思わせることができるのである。

だからこそ、お礼や感謝の意を表す場合は手紙を使うべきである。

また、高齢の方、上司、面識が薄い親戚などは、
手紙やはがきが印象に残らせるためにも有効である。
 
このような、手紙やはがきの特徴を意識して書くことが必要であり、
具体的には、話し言葉(口語)では書かないことは基本である。

口語で書くのでは電話と同じになり、また、
あいまいな表現やどちらでも取れる表現は避けるべきである。

受け手にあれこれ考させる文章は逆に迷惑となりえる。

手紙の書き方にも、様々な注意点がある。

Page Top ▲