スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 手紙を送る相手

手紙を送る相手

手紙の書き方についての注意点ですが、


1.手紙を送る相手に合わせて書く
 
親しい間柄の相手に「拝啓、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」

などと書くと、相手はどこかの文例をそのまま使ったなと思うだけでしょう。


そう思わせると、本当に伝えたいことが伝わらなくなるのです。

親しい関係なら、時候のあいさつも「寒くなりましたがお元気ですか」とか

気さくな言い回しの方がよろしいと思います。


反面、目上の人やあまり面識のない方などへの手紙は、

「時候の挨拶」「主文」「結語」と手紙の基本通りに書くことが

相手へのマナーにもなり、常識的な印象をもたれると思います。


手紙の書き方には、様々な注意点があります。


Page Top ▲