スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 手紙で気持ちを正確に伝える方法

手紙で気持ちを正確に伝える方法

手紙の書き方による注意点ですが


1.伝えたい事柄や気持ちを正確に伝える
 
手紙を書く場合、何か伝えたいことがあって書きますが、
それが伝わらない文章では、形式や難しい言葉を並べても意味がないのである。

つまり、伝えたいことが正確に伝わることが最も大切なことである。

お礼の手紙なら、お礼の気持ちが伝わるように書かなければならない。

基本的には、主文の文頭にお礼の言葉を入れて、
その後に続く文章で「あなたのおかげでコレコレ出来ました。」

そして、最後に感謝の気持ちや相手を思いやる言葉を入れて結びます(結語)。
 

例えば、合格祝いに腕時計を頂いたお礼では
「合格祝いありがとうございます。とても素敵な時計で毎日愛用しています。・・・・
それでは、寒くなりましたが、風邪に気をつけてお元気でお過ごしください。」


簡潔に見える文章でも、気持ちが伝わる様に書くのが大事である。

手紙の書き方には、様々な注意点がありますね。

Page Top ▲