スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 目上の方への手紙の書き方

目上の方への手紙の書き方

目上の方に対する手紙の書き方についてですが、
やはり、敬意を表した手紙の書き方が望まれます。

あらたまった挨拶や目上の方、先輩にお世話になったときの「お礼」、
「お願いごと」をするときには、丁寧に手紙に書く事である。
言葉通り手で書くのが大切であり、「自筆」の手紙は相手に気持ちを伝えやすく、
何度も読み直せることができる様に形として残り、
思いやり、温か味を時間が経っても伝えることができるのです。

目上の方に対する手紙の書き方は、便箋や封筒も
かわいらしいキャラクターもの等ではなく、
相手に合わせた規律ある便箋や封筒が必要であります。
あらたまった内容のものには柄入りを避けるのがマナーや常識であり、
和紙便箋、封筒に筆や万年筆で自筆すると、
受け取る相手側にしてみると、大変丁寧に感じてくれるものです。
ボールペンでの筆記はやめたほうが無難です。
手漉きや一部の特殊な和紙を除き、弊社の和紙便箋は
万年筆にも対応していますので、出来る事なら万年筆か筆が良いでしょう。


手紙は心を伝える手段ですから、返事はできるだけ早く、
できれば3日以内に出す事を心がけます。

どうしても遅れた場合は、「遅れて申し訳ありません」、
「遅ればせながら」の一言を必ず添えるようにする事です。

誤字、脱字には細心の注意を払い、読み易く丁寧に書くことが大事であり、
可能な限り簡潔に、心を込めて書きますが、
少なくとも便箋2枚以上になるように書くとよろしいでしょう。

さらには、何も書かない白紙の便箋を1枚最後に入れておくのも礼儀です。
手紙の書き方にはマナーや常識がありますので
常に心がけておく事が大切であります。

手紙の書き方の例文と目上についてでした。


Page Top ▲