スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 断りの手紙 書き方

断りの手紙 書き方

断りの手紙の書き方って何でしょうか?


例えば会社の仕事上、取引先より依頼された人の紹介を
どうしても断らなければいけない時ってありますよね。
本当に心が痛んだり、悩んだり、困ったりするものですが、
そんな時には「断りの手紙」書くことも必要になります。


断りの手紙の書き方の文例や例文としては・・・・・

■ご依頼の○○会社である○○氏をご紹介する件に関しまして、
誠にふがいない限りですが、ご期待には添いかねてしまいます。


■ご期待を裏切る結果となり、誠に心苦しい限りではありますが、
どうぞ、ご理解ください。


■他ならぬ○○様のご紹介ですので、どうにかお力になりたいのですが、
当方の事情をご理解いただきたく、何卒ご賢察いただけますよう存じます。


断りの手紙の書き方で注意する点は、
文の先頭に季語や時候を入れるとスムーズに話を
流れに乗せやすいでしょう。


■大寒も終わり、雪解けが日増しに進む今日この頃ですが、
御社のますますのご活躍、心からお喜び申し上げます。


文の結語は


■取り急ぎご連絡まで


と、簡潔にしめるのが良いでしょう。
ダラダラ長く書くのはやめて、相手への配慮も考慮しましょう。


普段の生活では断りの手紙などは書くことがないと思いますが、
ビジネスシーンなどでは非常に必要であり、重要な手紙になりますので
十分な配慮と詳細な心遣いが大切でしょう。

Page Top ▲