スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 手紙の書き方 お礼

手紙の書き方 お礼

手紙の書き方における、お礼について考えてみましょう。


手紙の書き方において、お礼の手紙は、書き方にポイントがあります。
結婚式におけるお祝い返しに添えるお礼の手紙や、
新築祝い、出産祝い、還暦祝い、内定祝いなど、
様々なお祝いを戴くことが多いですが、それらに対する
お礼の手紙の書き方を身に着けおく事は一般社会人としての
マナーでもあるかもしれません。


お礼の手紙の書き方ですが、いくつかの
ポイントを紹介してみたいと思います。

手紙の書き方 お礼


○ いただきものをしたら3日以内にお礼状はできるだけ早く出すこと。
遅くなると感謝の気持ちも伝わりずらくなります。


○目上の人や改まった場合は封書で、そのほかはハガキでも大丈夫。


○感謝の気持ちをストレートに大げさな表現は避け、
相手に話しかけるような気持ちで書く事が必要です。
字が下手でも、読みやすく丁寧に書くことが気持ちの伝わり方も違います。


○お金でお祝いなどをいただいたら「それで何を買うつもりか」、
物をいただいたら「どのように使用しているか」など、
どう役立ったかを具体的に書くと相手もお祝いしてよかった!と思われるでしょう。


○お中元・お歳暮のお礼は毎年の習慣となり、礼状も儀礼的になりがちなので、
自分らしい時候の挨拶や相手の安否を気遣う言葉など、
気のきいたひと言を添えてあげると良いでしょう。


この様に、お礼の手紙の書き方に注意しながら、
参考にしてみて下さい。

Page Top ▲