スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方> 花嫁の手紙の書き方

花嫁の手紙の書き方

花嫁の手紙の書き方について考えてみました。


結婚して嫁ぐ花嫁でり、娘からの手紙は結婚式においては非常に感動する場面です。
結婚式でも唯一、涙するセレモニーとして、花嫁から両親への手紙の披露がある訳ですが、花嫁であり娘から贈られる言葉に、両親にとってはどんな贈り物より、「ありがとう」のひと言が一番うれしい言葉であることは間違いありません。
ですが、花嫁からの手紙の書き方に「定型文」や「文例」「例文」と言うものは存在しないと私は思います。
それは、本人や家族にしかわからない歴史があるからです。
ですから、文例や例文は存在しないし、必要もないと私個人は思っています。
どんな文章でも、言葉でも、やはり、家族にしか感じない育ってきた感謝の気持ちを自由に、ストレートに綴るだけで十分だと思います。


ただ、書き方の注意点や気をつけたほうがいい言葉などはありますので、その点を心得るといいのではないでしょうか。
俗に言う「起承転結」を踏まえながら、ご両親に対する感謝の言葉を手紙に書き綴ってみる事です。
楽しい事や悲しい事、うれしかった事や悔しかった事など様々に人生や時代は流れていきます。
今の自分がここにいる実感と、それまで支えてくれたご両親への気持ちを素直にまずは書いてみることでしょう。


やがて自分が子供を持ち、両親としての立場に立ったときを考えてみるのもいいかもしれません。
「ありがとう」の気持ちと言葉にして言う事の大切さ、重さをとても感じるものです。


エルメス
フェラガモ
ブルガリ
プラダ
ディオール

Page Top ▲