スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方 文例 例文> 入園 入学 卒業祝い 例文 文例

入園 入学 卒業祝い 例文 文例

入園・入学・卒業祝いの例文と文例を紹介します。


入園や入学、卒園祝いなどで手紙を書く場合のポイントは、
前文の挨拶やお祝いの言葉はもちろん、子供に対する
将来の成長や感慨、親へのねぎらいの言葉などに
重点を置いて書くことが、手紙の書き方のポイントです。


手紙の書き方の例文と文例(入学、入園、卒業祝い編)


雪解けもゆっくりとすすみ、そこかしこに  春の気配がかんじられてきました。

さて、この4月にはご長男の○○君が小学校へご入学されるとのこと、

本当におめでとうございます。

よちよち歩きしていたのが、ついこの間のことに感じますが、

月日の流れは本当に早く感じるものですね。

ご家族の皆様の喜びは感慨深いものがおありでしょうね。

○○君も入学を心待ちにしていたことと思います。

入学されたらたくさんのお友達と元気に通学されることをお祈りしています。

気持ちばかりではございますが、お祝いのしるしを同封させていただきました。

ご入学の際に使っていただければ幸いです。

どうぞ、○○君とご主人にもよろしくお伝えください。

末筆ながら、皆様のご健康と繁栄をお祈りいたします。


以上の様に、何かお祝いの金品を贈るときに添えて手紙を出すといいですね。
お祝いの手紙は、ご両親にあてて書くのが普通でありますが、
中学生や高校生以上になりましたら、
直接、本人に送っても良いでしょう。
手紙を送る本人にあわせた書き方に注意しましょう。

Page Top ▲