スポンサードリンク

トップページ >手紙 書き方 マナー> 手紙での礼状 書き方 注意点

手紙での礼状 書き方 注意点

手紙による礼状の書き方にはいくつかの注意点があります。

一つは、出来るだけ早く礼状を送ることです。
文章の長い、短いは問題ではなく、スピード、早さの問題です。

誰かから親切にされたら、感謝の気持ちを込めて
時期を逸せずに礼状の手紙を出す理由としては、
贈り物などの場合は特に顕著であり、
相手方が届いただろうか?音沙汰が無いけど、どうなっているんだろう?
と、不安、疑問に思うものです。
いつまでもお礼の言葉一つ無ければ、人間関係を疑われてしまいます。
ですから、礼状は早ければ早いほどいいですが、
遅くとも三日以内には書いて送るようにしたいものです。

うまく書こうと意識する必要はなく、感謝の気持ちを込めて書き、早く出すことです。


もう一つは、感謝の気持ちを表現する事です。

礼状の書き方は、頭語や季語、時候の挨拶を入れて
形式、常識にのっとった文面にするのが良いです。
ですが、主文は感謝の気持ちを最大限に表すために、
形式にこだわらず、自分自身の言葉で手紙に表現し、書き方を工夫しましょう。


最後の注意点、ポイントとしては、
誤字脱字のないように、書いた礼状を読み返して直し、送るという事です。

礼状は、親しい人の場合は形式にこだわらなくてもよいですが、
正式なる書き方でだすのが礼儀です。
目上の方にはお礼とともに「ご多忙のところ私のためにはわざわざ・・・」という
恐縮の意を手紙の中で表現するのも、
礼状の書き方の方法のひとつであります。

ですが最後は、よく読み返して、誤りなどないように気を付けて
礼状を相手に送りましょう。

手紙による礼状の書き方の注意点についてでした。


Page Top ▲