スポンサードリンク

英文 ビジネス 手紙 書き方

英文ビジネス手紙の書き方についてですが、
セミ・ブロック形式とか、フル・ブロック形式
と呼ばれる書き方を下記に記載してみます。


『英文ビジネス手紙の書き方』

1. 差出人住所と日付

英語のビジネスレターでは余白を置いて右端によせ、
各行の頭を揃えて書くのが望ましいです。
イギリス式では、日、月、年の順番で書くそうです。

2. 会社との取引番号

取引を円滑に進めるため、取引番号が指定してある場合、必ず書く事です。
場所は日付から1行空けて書きましょう。

3. 受取人氏名と住所

上記の日付や取引番号から4~5行空けて左端に書くのが望ましいです。

4. 冒頭

英語のビジネスレターで気をつけなければならないのが敬称です。
Dearのあと、男性宛であれば<Mr.+名字>、
既婚女性や未亡人なら<Mrs.+名字>、
婚姻状態がわからない女性には<Ms.+名字>を使う事が望ましいです。
(一般的にDearの後は, フルネームは書かないとされています)

相手の名前を知らない場合は、Dear Sir(男性宛)、
Dear Madam(女性宛)、Dear Sir or Madam(性別不明)を使う。
また、To whom It May Concern(関係者各位)という言葉も多々見られます。
冒頭の後は、一般的にアメリカ式ではコロン(:)、イギリス式ではコンマ(,)が
多く使われます。 

5. 本文

冒頭から1行、左端から5字空けてから書き始める事です。
新しい段落を書き始めるときは、1行空けて、
同様に左端にスペースをとって書くのが望ましいです。

6.結語

本文の下に1行空け、中心より右よりに書き、コンマで終わる。
ビジネス形式ではYour truly, Sincerely yoursが一般的である。

7. 署名

結語の下に英語で自分の氏名をサインする。

8. 氏名

結語から4行空けて頭を揃えるか、手書きなら活字体で書こ事。
役職は氏名のすぐ下に記載する。


英文ビジネス手紙の書き方についてでした。


Page Top ▲