スポンサードリンク

トップページ >はがき 葉書 書き方> 返信はがき 書き方

返信はがき 書き方

結婚式の招待状などの場合の返信はがき の書き方などは
皆さん、どうしてるでしょうか?

招待状をもらったら、出欠の返信はがきは
書いて直ぐに返送するのが礼儀であります。
相手にとって、返信はがき の出欠状況を見ながら、
披露宴当日の料理や引き出物の数などを決定するのですから、
出欠の確認は少しでも早いほうがよろしいですよね。

「返信はがき は○○日までに・・・」という指定があっても、
出来れば1週間以内くらいですぐに返す様にしましょう。

たとえ親しい友人の場合であっても、電話やメールなどで済ませず、
きちんと返信はがき で出欠の連絡をするようにしなければなりません。

何故なら、返信はがき の宛名、宛先が、
式場の係員になってる場合が多いのですから。

出席する場合には、
「御出席」の「御」と、「御欠席」を二本線で消して、
出席に○をする。「御」はあなたへの敬語なので、
返すときは消すことです。

お祝いの気持ちを添える事も忘れずに。


欠席の場合には、
「御欠席」の「御」と「御出席」を二本線で消して、
欠席に○をする事である。
お祝いのメッセージと出席できない理由とお詫びの言葉を添えましょう。
「多忙につき」は失礼になるので避けるべき言葉であります。

返信はがき 表書きについての注意ですが、
表書きの宛名部分の「行」や「宛」を二本線で消して、
「様」に直すことを忘れずに。

返信はがき 書き方についてでした。

Page Top ▲