スポンサードリンク

トップページ >礼状 手紙 書き方> お礼状 手紙 書き方

お礼状 手紙 書き方

お礼状を書く時の注意点として、「読みやすさ」があります。

いくら素晴らしい筆使いでも、礼状を受け取った相手が
きちんと、解りやすく読むことができなければ、
お礼状の役目、意味を果たすことが出来ません。


それよりも、文字が上手、下手などは、あまり気にする事なく、
丁寧に心をこめて確かなる言葉で、解りやすい言葉で書いたお礼状のほうが、
こちらの気持ちが相手にも伝わり、また、
読みやすい手紙になる事でしょう。


また、はがきなどで小さな文字をびっしり書き込んだり、
文字の大きさがあちこちとバラバラになっていたり
そのようなことがあると見苦しく、更には読みずらくなってしまいます。

はがきや便箋のスペースに見合う文章量と
全体のバランスを考えて書く事が手紙を書く上では大切です。


大切なお礼状は
できることなら下書きをしてから書いたほうが
上手く仕上がることでしょう。


お礼状の手紙の書き方には
相手に対する「感謝」をこめて、やさしく書きたいものです。


Page Top ▲