スポンサードリンク

手紙 頭語 結語

手紙の頭語と結語について


手紙の書き方の中で
「拝啓」、「敬具」といった言葉を最初と最後の部分でよく見かけると思います。

「拝啓」にあたる言葉のことを頭語、
「敬具」にあたる言葉を結語といいます。

頭語と結語は正式な手紙を書くにはとても重要なものなのです。

頭語は、手紙の最初の部分に書くので「頭語」と言います。
頭語の他に、
「起語」 「起首」 「冒頭語」ともよばれます。


手紙において「こんにちは」や「ごめんください」にあたる言葉です。


結語も手紙の結びの部分で使われるため、
「結語」と呼ばれます。

結語は手紙の中で「さようなら」にあたる言葉で、
頭語に対応した言葉を使うのが一般的です。
頭語と結語は、基本的には、ペアで使われます。

また、頭語と結語には手紙を出す相手やその状況、
書き手の性別によって様々な頭語・結語の表現方法があります。

例えば、一般的な正式な手紙では拝啓や謹啓、
前文省略の手紙では前略といった頭語を仕様します。

そしてそれに対して敬具、謹言、草々といった結語を用います。

手紙のスタイルに合わせて、頭語と結語を使ってみて下さいね。

Page Top ▲